DOGGY*HOUSE

salukirock.exblog.jp

もしも君が・・・

もしも君に許されない 過ちが過去にあったとしても
何よりも誰よりも 僕だけは味方でいてあげるよ

降り注ぐ光のような愛情をいつも持て余しているから

もしも君が口にできない 程の嫌な自分と出会っても
そんな事は日常茶飯事の 僕はちっとも気にはならないよ

溢れ出す涙に似た情熱を君に持て余しているから

歌を歌ってるかもしれない 君の事を思わずにいられない
本当は間違いかもしれない 君の肩をもたずにいられない

もしも僕の考え方が 君の思想と少しズレてても
何よりも変えられない いつも君の一番でいさせてよ

大切な事はひとつだけ 君ももう気付いているだろう

幾つもの時を共に越え 笑いあって慰めあって 
完璧な答えなど要らない 僕らの愛がいつもあればいい

--------------------------------------------------------------------------------
詩/曲 千代延大介

[PR]

<< 会えない間    花が咲いたら >>